メレル 史上一番安い ハイキングシューズ ファッションデザイナー Chameleon8 Storm メンズ Gore-Tex Mid

[メレル] ハイキングシューズ Chameleon8 Storm Mid Gore-Tex メンズ

6258円 [メレル] ハイキングシューズ Chameleon8 Storm Mid Gore-Tex メンズ シューズ&バッグ メンズ シューズ 6258円 [メレル] ハイキングシューズ Chameleon8 Storm Mid Gore-Tex メンズ シューズ&バッグ メンズ シューズ メレル ハイキングシューズ ファッションデザイナー Chameleon8 Storm メンズ Gore-Tex Mid safetylocksmithservice.com,ハイキングシューズ,Chameleon8,/cottoneer880551.html,Mid,メンズ,シューズ&バッグ , メンズ , シューズ,Gore-Tex,[メレル],Storm,6258円 メレル ハイキングシューズ ファッションデザイナー Chameleon8 Storm メンズ Gore-Tex Mid safetylocksmithservice.com,ハイキングシューズ,Chameleon8,/cottoneer880551.html,Mid,メンズ,シューズ&バッグ , メンズ , シューズ,Gore-Tex,[メレル],Storm,6258円

6258円

[メレル] ハイキングシューズ Chameleon8 Storm Mid Gore-Tex メンズ

商品紹介

メレルで大人気のカメレオンシリーズから新たに「カメレオン8」が発売です。安定とひねりに対する強さを併せ持つTPU素材のプレートをつま先からかかと部分まで包み込むように覆うことで、尖った岩などの障害物から足を保護するとともに、靴のねじれの抑制と安定性を向上させました。また、ソールにはグリップ力に優れた「Vibram」ソールを採用。その機能性にファッション性を加えカラフルなカラーが登山やハイキングだけでなく野外フェスやタウンでも活躍するアイテムとしてストームシリーズが登場。ミッドカットモデルは登山の足元をしっかりとサポートします。

ブランド紹介

1970年代、ユタ州バーナルでMERRELLの創始者ランディ・メレルがオーダーメイドブーツの製作を始めました。幼い頃からアウトドアに親しんだ彼のブーツは全米で評判になり、1981年には「バックパッカー・マガジン」誌上で「北米で最も機能的で快適な靴」に選ばれたのです。この記事を目に留めた2人のアウトドアフリークがランディ・メレルを誘い、ブーツのための新会社MERRELLを設立。生産工程を改良し、「長時間履いても足が疲れない」という魅力をそのままに、次々とアウトドアシューズを展開しました。1998年には大人気の定番モデルとなる「ジャングルモック」を発表。これをきっかけにMERRELLはアウトドアスポーツの枠を超えて、山や街、全ての屋外へとフィールドを広げていきました。さらに2001年には「カメレオン」シリーズが発売され、5年後には世界累計1000万足を突破。その後も、トレッキングや野外フェスまで幅広いユーザーに愛される多様なラインを展開し、現在世界135カ国で販売され、その数は年間1600万足を超えています。

[メレル] ハイキングシューズ Chameleon8 Storm Mid Gore-Tex メンズ

主に標高1500~2500m前後の登山用に購入しました。本格登山はしないのであまり詳しくはないのですが、こういうのはアプローチシューズというのでしょうか。私のような(少しだけ頑張るレベルの)山歩き趣味にはとても重宝な逸品です。以前はよく地下足袋で山に登っていましたがいくら安心安全とは言え、長時間の激痛足裏マッサージ、岩や木の根につま先をぶつけたときの涙腺崩壊に我慢と根性の限界を感じ始めて、ここ暫くは重たい登山シューズでおっかなびっくり岩場にかじりついておりました。このシューズを履いた瞬間、ファーストインプレッションは「軽い」でした。最初は軽さのためむしろ足元がふらつく感じさえしました。次に少し湿った岩の上を歩いた時に(地下足袋ほどではありませんが)しっかり地面の感触が足裏に伝わってくるのを感じました。ソールの硬さを述べている方もおられましたが、私には丁度良い感じです。サイズは普段の靴で25cmで、購入したものは25.5cm。厚手の靴下を履いて丁度良い感じです。私の足は格別細いわけではありませんが、幅が狭いという感じは全くなく、7~8時間履き続けていてもそれほど窮屈さは感じません。デザインもつま先とかかとまでゴム底で覆われているような形状が気に入ってます。この形状はグリップにも貢献している感じで実益もあるかと思います。今後も登山用の靴はこのメーカーのものから選んでいきたいです。 続きを読む
普段は26.0です。おそらく分厚い靴下をはくことも考慮しているのか大き目に感じます。今回は25.5(それでも少し余裕あり)をチョイス。初心者向け、かつよくわかったベテラン向けという印象です。良い点・濡れた岩場でも滑らないヴィブラムソール。 カメレオン8でブロックも大きめになりより安心感が出ました。・ゴアテックスのため、濡れない、蒸れない。・登山靴の中では圧倒的なデザインの良さ。・ソールは固すぎないので通常の登山はコントロール性がよく疲れにくい。・インナーソールがよいので足底筋膜炎になりにくい。難点・濡れた鉄板やつるつるした舗装上では滑りやすい。かなり。・意外と泥濘の坂ではグリップに不安がある。春先は怖いかも。・できなくはないと思いますがソールの張替は難しそう。・ヴィブラムソールは意外と短命。普段履きは控えたほうが長持ちします。・ソールはそこまで固くないので、コントロール性と背反で 岩場では不利。また冬場にアイゼンなどは難しいかな? 続きを読む
ハイキング用に購入見た目も良いし柔らかくて軽くて履きやすいのでハイキングや雨の日のレインシューズとして使ってます。実際に5月〜1月まで履いた感想ですが奥多摩や丹沢及び夏の北アの日帰り山行は全く問題なかったです。むしろ優秀。防水面は沢渡では水が滲みますが雨なら問題ないし透湿も非常に優れてます。ゴアテックスなので夏でも全然ムレませんでした。デメリットとしてカメレオン8はソールの交換ができない。じゃぶじゃぶ水洗いも出来ないと取説に書いてあります。アッパーが柔らかいので岩場で足指ぶつけると非常に痛いです。ベルト式軽アイゼンだと痛いです。ソールも柔らかいので歩きやすい反面、長距離のガレ場だと疲れやすいです。ドカ雪でない限り低山の日帰りハイクやトレッキングなら非常に使い勝手の良いシューズだと思います。 続きを読む
コロナ禍で運動不足なこともあり,ウォーキングとトレッキングを日課にしています。トレッキングのときはスニーカーでは足元がグラグラするのと,汚れやヘタリが早くなってきたので,普段遣いもできるメレルを購入。トレッキングシューズは初めてでしたが,こちらにして正解でした。サイズ:レビューを見て,普段26か26.5センチが多いですが,27センチを購入し,ぴったりでした。大きさ:普通のスニーカーに比べると厚みなど見た感じの大きさは否めません。写真はかなりスマートに撮られている印象です。ホールド感:とても安定します。今までスニーカーで不安定だったのが,硬めのソールによってガッチリ安定します。といっても,舗装面でもクッション性が損なわれているということはなくて,歩きやすいです。ここ数年の,買ってよかったものベストテンに入る勢いです。メンテして大切に使いたいと思います。 続きを読む